アオノリ(ヒトエグサ)

アサリとともに松川浦の中で養殖されています。
養殖用のノリ網を張るため、秋になると松川浦のいたるところに竹の杭が立ち並びます。
収穫の最盛期を迎える冬から春にかけては、青々としたノリ網が松川浦に敷かれた絨毯のような風景になります。
味噌汁、天ぷら、酢の物など、様々な料理で美味しく食べることができます。