小女子

相馬に春を告げる魚、小女子(コウナゴ)です。
イカナゴという魚の稚魚で、大きくなるとメロウドと呼ばれるようになります。
魚からクジラまで福島県沖に生きる動物の餌として、生態系を支える重要な魚でもあります。
もちろん人間の胃袋も支えてくれます。
多くが塩干品に加工されますが、生の小女子も違った味わいで絶品。生の小女子は相馬に来ないと食べられないかも?

近年は全国で不漁となっており、非常に高値で取引されるようになっています。