磯部水産加工施設Facility

直売所

磯部水産加工施設 直売店は、相馬双葉漁協が運営する商業施設です。
福島県の相馬・双葉地区の近海で獲れた水産物を直営ならではの
お得な価格でご提供し、観光客や地元の方に親しまれているお店です。
福島県の相馬・双葉地区の海域は、黒潮と親潮が交差する全国有数の漁場。
漁獲量、魚種ともに豊富で東京築地では「常磐物(じょうばんもの)」と呼ばれ、
新鮮さと味の良さから高く評価されてきました。
「底引き網」「船びき網」「さし網」「かご」などの漁法で獲れる、ヒラメ、
カレイ、タコ、しらす、コウナゴ、ホッキ貝等をぜひお召し上がりください。

季節や天候により、ご用意できない水産物もございます。
お求めの水産物については事前にこちらまでご確認ください。
0244-33-5226

施設案内

平成24年6月 震災後初めての漁は、海域を限定し、魚種を3種類に指定した試験操業から再開されました。
それは、「福島の漁業の灯りを消してなるものか」という私たちの想いでもありました。
また、こうした定期的な試験操業と放射性物質等のモニタリングを継続して行うことが、
「信頼の証」につながり、やがては「常磐物」として東京築地でも一目置かれていた相馬双葉の海産物として復活し、
もっと安心して食べていただけるよう、一層の努力を積み重ねていきます。

品質・衛生管理

加工工程後、外気に触れることなく冷凍保管を可能にすることで菌の増殖を抑制し加工品の鮮度を保持します。
また、「抗菌床」「紫外線殺菌装置」により、製品の品質、衛生管理に努めています。

  • 耐熱性抗菌床仕様

    ・煮釜室・乾燥室・つぶ貝/ホッキ貝加工室

  • 抗菌床仕様

    ・連絡通路

  • 紫外線殺菌装置・監視カメラ

    ・煮釜室・乾燥室・梱包/検査室

安全の検査体制

工場から出荷する製品すべてに、非破壊式放射性セシウム濃度測定装置による測定を実施しています。
国の基準値(100ベクレル)より更に厳しい独自基準値(50ベクレル)を設定し、
独自の基準値を上回る製品は出荷しないことを遵守し、徹底した検査体制を継続しています。
また、異物混入等への対策として、加工場に監視カメラを設置し、更に金属探知機による最終チェックも行っています。

  • 非破壊式放射線セシウム濃度測定装置

    ・梱包/検査室

  • 金属探知機

    ・梱包/検査室

営業日カレンダー

2020年 10月
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2020年 11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5

休日

が定休日です。
※天候等により営業予定日がお休みになる場合もございますのでご了承ください。その場合はホームページでお知らせいたします。

相馬双葉漁協協同組合
磯部水産加工施設
福島県相馬市磯部字大迎1126番地
tel. 0244-33-5111
fax.0244-33-5442
火曜日定休日
営業時間:午前10時~午後3時まで